l-hed.jpg     saisin.jpg
  桐とバイオマス発電によるふる里創生

l-hed2.jpg

l-0.jpg

l-1.jpg

l-2.jpg

l-3.jpg

l-4.jpg

2014年12月11日

桐は五年から十年で成木になりco2吸収、地球温暖化防止の切り札としても大変注目を集めています。その桐を中心に、森林の形成に不可欠な炭化小型バイオマス発電、その副産物を利用したまちづくりの提案、その街を形成して行く桐の住宅、家具の企画、提案、さらにその材料となる桐の植林ボランティア活動や桐材の販売を掲げ、以上四つの事業を行ってまいります。

当ブログでは4つの事業の最新活動状況や、各地で予定しておりますセミナー情報等幅広い視点でご紹介して行きます。

一般社団法人 桐で創る低炭素社会推進協議会は、新しい組織ですが、今後全国各地にて、セミナー、勉強会を開催して各地の共感いただける潜在的な事業者とパートナーシップを結び、その共感を地域社会まで広げ、価値を見出し、そこにしかない魅力のある地域社会、地方の産業の活力となる桐でつくる低炭素社会を実現して行く事を目的とした事業を提案して行き、皆様に有用な情報発信を心がけて当サイトを運営して行けるよう歩んで参ります。

事務局